バイアグラジェネリックは国内承認の薬

バイアグラが発売された当時、あまりにも話題になったので、
多くの人はどこのドラッグストアでも売っている薬だと思っているかもしれません。

 

でも実際に、バイアグラを薬局やドラッグストアで見たことがある人はいないのではないでしょうか。
それもそのはず、バイアグラは医師が処方する方法でしか販売されていないのです。

 

これは日本国内のみのことですから、海外では状況が違います。
バイアグラの正規品が薬局などで気軽に購入できたり、
さらに低価格なバイアグラのジェネリックを購入できる国もあります。

 

 

ジェネリックとは、新薬として発売された薬の特許期間が切れた後に発売される薬です。
新薬と同じ成分と同じ効果を新薬より安価に求めることができるので、
薬のメーカーにこだわりがなければ利用者には嬉しいシステムですね。

 

 

すでに海外にはたくさんのバイアグラジェネリックが発売されていますが、
日本では医薬品の法規制が厳しく、厚生労働省から承認を受けるだけでも約一年間かかります。

 

だから、海外から個人輸入でバイアグラの正規品やジェネリックを購入する人も多いのです。
バイアグラの正規品はファイザー製薬から発売されており、日本でも国内のファイザー製薬が取り扱っています。

 

 

しかし、ジェネリックのバイアグラは海外の別の製薬会社が製造販売しています。
リスクはないのかと心配する人もいますが、
世界中の多くの男性がバイアグラジェネリックを使用していることを思えば、
EDに悩む日本人男性も見逃せませんよね。

バイアグラ個人輸入について

バイアグラを手に入れる際、考えられる方法が二つあります。
輸入販売での購入と、医師からの処方であります。
それぞれにはメリットとデメリットがあります。
医者に相談に行くのが、難しい、あまり人に知られたくない、と言う人は、
必然的に輸入販売からの購入となるでしょう。
バイアグラを輸入販売と言ってもこれも、いろいろな方法があると言えます。
輸入販売代理店を通して購入する手段と、個人で直接輸入する手段です。
個人で輸入する場合は様々な作業過程を得る必要があるため慣れていないと難しいのです。
やはり簡単にバイアグラを手に入れるには個人輸入代行を通して手に入れるのが良いでしょう。
ただし、輸入販売代行業者には、劣悪なニセモノを販売している所もあるようなので、
しっかりと注意しなくてはなりません。
本物のバイアグラを輸入代行から購入するには、その販売しているバイアグラが本物なのか?
その販売している物が偽物である可能性があるのか?
またそのバイアグラを販売している輸入代行業者が、どういった業者で、信頼性があるのか?
これらを総合的に見て、判断、購入しなくては、本物に辿りつけません。
また、バイアグラは医薬品ですので、医師の判断なしで購入、使用しても
自己判断、自己責任になってしまいますのでこれも注意が必要です。
いずれにせよ個人で判断するのは難しい面があるので、個人輸入や輸入代行販売での購入は、
よっぽどの場合以外は避けた方が無難ではあると感じます。

バイアグラジェネリックの国内承認情報入手

シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」

シルデナフィルOD錠50mgVI「トーワ」情報もネットから入手しているという人は多いのではないでしょうか。

 

ネットはたしかに便利でどんな人でもあらゆる情報が手に入りますが、その真偽は定かではありません。
中には、明らかに間違った情報を堂々と流しているケースもあります。

 

そんなことから、バイアグラについて誤解した情報を信じている人も未だ多いのです。
これまでは国内でのバイアグラ販売は医師の処方でのみ許されていたので、
利用する患者は医師からの注意を受けることができました。

 

2014年にバイアグラの国内特許期限が切れてバイアグラジェネリックが発売されるようになっても、
同じように注意して服用すればよいのです。

 

 

しかし個人輸入でバイアグラを手に入れてきた人は、改めて注意しなければなりません。
これからは個人輸入をしなくても安くバイアグラジェネリックが手に入るようになるでしょうから、
よく医師の言うことを聞くようにしましょう。

 

 

バイアグラジェネリックにしても、バイアグラと同じように医師の処方のみが許されることになるでしょう。
今までも利用してきているから安心と侮らず、しっかり医師からの注意を守ることが大切です。
バイアグラには副作用もあり、使ってはいけない体調の人もいますから、気をつけてください。

 


バイアグラ個人輸入に対しての注意点

バイアグラはED治療薬として全世界に販売されています。
バイアグラは衛力増強系のサプリではなく、
れっきとした医薬品であるため、取り扱いに注意が必要です。
基本的に、バイアグラには医師の処方が必要となり、店頭での販売はしておりません。
ネットでも販売していますが、紛い物があったりしますので注意が必要です。
病院へ行くのに抵抗がある人、個人でこっそり購入したい人は個人輸入を使います。
個人輸入は店頭販売と違って、いろいろな制約がありますので注意が必要です。
まず、個人で輸入したバイアグラは他人に譲渡したり、販売してはいけません。
また一回の輸入では、一ヶ月分のみしか輸入できないとされています。
当然、法律上の制約なので守らなかった場合は相当のペナルティが課されます。
また個人輸入には、キャンセルが利かないというのも覚えておいた方がいいでしょう。
バイアグラは強い薬です。
しっかりとした予備知識を持ったうえで判断し購入しなくてはなりまません。
購入して使用し余ったのを安易に他人に譲ったりしてもいけないし、販売はもちろんNGです。
自分の使用が目的です。
しっかりどのくらい必要なのか、考慮した上で個人輸入に踏み切って下さい。
また使用後の副作用や発作などは自己責任になります。
個人輸入と言うのはそれなりのリスクがあります。
リスクを避けたいのなら、病院での診察が一番です。
良く考えたうえで、自己責任の下で判断し購入して下さい。

更新履歴