現在の睡眠薬

日本の睡眠薬の現状について見ていきましょう。
現在の睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系がメインとなっています。

 

バルビツール酸系などの古いタイプは現在ではほとんど使われていません。
バルビツール酸系は非常に効果が高く、睡眠に入るのが簡単というメリットがありました。
その反面、副作用が強いというデメリットもありました。

 

現在のベンゾジアゼピン系は、依存性や耐性が発生しにくいとされ、睡眠薬特有の副作用に悩まされることが少なくなっています。

 

主に使われているタイプは、ハルシオン(超短時間型)、レンドルミン、デパス、エバミール(各短時間型)
、ベンザリン、ネルボン、ロヒプノール(各中間型)、ベノジール、ソメリン(各長時間型)などです。

 

■睡眠薬の副作用
眠気や疲労感が残ることがあります。
筋肉弛緩作用が生じると、転ぶことがあるので高齢者にとっては危険です。
また、超短時間型や短時間型を過剰摂取するのもタブーです。
特にお酒と一緒に飲んでしまうと、記憶障害などに発展することがあります。

 

■非ベンゾジアゼピン系
ベンゾジアゼピン系の作用を向上させた睡眠薬です。
依存性が低くて安全な薬です。
ベンゾジアゼピン系を服用して発生する副作用を和らげるために誕生した薬です。
主な薬にはマイスリーやアモバンがあり、無理をせずにリラックスした状態で眠りに入ります。

 

なお、すべての睡眠薬の服用には、医師の診断が必須となります。
自主的に薬を選んで使うことは不可能なので注意しましょう。

現在の睡眠薬関連ページ

有名な睡眠改善薬
バイアグラの輸入代行についての情報公開しています
睡眠薬のエバミールとは
バイアグラの輸入代行についての情報公開しています
睡眠改善薬に含まれる成分
バイアグラの輸入代行についての情報公開しています