薬事法とは

私たちの身近に存在するあらゆる容器や箱、パッケージに記載されている内容を見たことがありますか。
例えば、シャンプーやボディーソープ、化粧品や、風邪薬に歯磨き粉等様々なものが存在します。
それらの容器やパッケージ表面には、成分やメーカー名などが記載されていますが、その中に、医薬品や医薬部外品という文言を見つけることが出来ると思います。
もしもその文字を見つけることができれば、その商品や薬事法というもので、効果や効能が認められている商品であると判断できます。
普段特に意識せず利用しているものや、くちに含むもの、肌に直接触れるものには、全て薬事法という法律の中で規制がかけられております。
薬事法に定められている決まりごとには、例えば、利用されている原料や、製造方法、原産国や使用上の注意点などが消費者のわかりやすいラベル面に記載しなければいけません。
さらにその記載方法や、広告に対する表現の仕方、書き方等についても薬事法で取り決めがあります。
薬事法という言葉は一度は聞いたことはあるでしょう。
しかし実際にその内容を把握している人は非常に少ないと思われます。
昭和23年に公布された薬事法は、時代の流れにより何度となく改定を繰り返し、昭和35年に現在使用されている薬事法の大まかな形が整えられたと言われています。
薬事法ができた理由には、消費者が利用する商品の安全性を確保する目的であるといわれており、現在では医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器の4種類で薬事法が適用されています。
薬事法では、医薬品等の販売や広告をする場合には、誇大広告や、消費者を惑わすような表記、難しい言葉などの利用を避けるようにとの法律などもあり、法律で決められている内容以外の記載は全て違法となります。
医薬品以外の商品には、医薬品としての効能や効果を表記してはいけないとう決まりがありますので、その決まりを守らなかった場合は、薬事法違反として処罰の対象となります。
私たちの身の回りに存在する商品には、必ず医薬品や医薬部外品と表記されているものがありますので、より安全に使用するためにも一度薬事法についての内容を確認してみると良いでしょう。

薬事法とは関連ページ

薬事法【医薬品・医薬部外品】とは
薬事法【医薬品・医薬部外品】とは
薬事法【化粧品・医療用具】の場合
薬事法【化粧品・医療用具】の場合
ダイエット・健康食品は薬事法となるの?
ダイエット・健康食品は薬事法となるの?