薬事法【医薬品・医薬部外品】とは

薬事法で定められている商品の中に医薬品と表記されているものがあります。
医薬品とは、その名のとおりで薬という事になります。
薬とは、専門の医師から処方されるもので、病院へ行くと診察をうけその症状に合わせたお薬をもらう事ができます。
一般的に利用できる薬局にある頭痛薬やかぜ薬などにも医薬品がありますので、病院以外の場所でも入手することはできます。
医薬品として記載されている商品には、そのお薬の中に使用されている有効成分がもつ効能が薬事法で認められているもので、病気の早期治療や改善、予防することができると認められたものであると言えます。
薬事法で認められた医薬品には、病気を改善したり予防するような有効成分がありますので、少なからず副作用の心配もあります。ですから薬事法で医薬品と認められている商品には、必ず、「使用上の注意を守り、用量、用法をよく守ってお使いください」と書かれているのを見たことがあると思います。
またコマーシャルでも、キャラクターを務める女優さんがそのフレーズをCM最後にかならず言っているのを見たことがあるでしょう。
これも薬事法で決められていることで、使用する方に必ず注意を促さなければならないと決められているのです。
医薬品以外に医薬部外品と書かれている商品もありますが、どのような意味だか分からな人や、意味を間違えて捉えている人もいるでしょう。
医薬部外品とは、医薬品としての効能まではいきませんが、医薬品に近い程度の効果を期待できる成分が配合されているというものです。
医薬品には、劣るものの、病気やケガを飛躍的に治療できる成分が配合されているというもので、改善と言うよりは、予防の方に重きを置かれている商品がほとんどです。
医薬部外品の場合、必ずしも高い効果を得ることができるとというものではなく、効果を期待出来るという程度に留めておくとイでしょう。
薬事法で定められている医薬部外品と医薬品にはこのような違いがあります。
その他にもこまかな違いはありますが、薬事法で認められていることには、成分表示にアレルギーに関する危険性を確実に記す必要があると言われています。

薬事法【医薬品・医薬部外品】とは関連ページ

薬事法とは
薬事法とは
薬事法【化粧品・医療用具】の場合
薬事法【化粧品・医療用具】の場合
ダイエット・健康食品は薬事法となるの?
ダイエット・健康食品は薬事法となるの?