ダイエット・健康食品は薬事法となるの?

身近に存在するものの中には薬事法で医薬品や医薬部外品として認められているものがあります。
特に体に直接影響するものや、治療や改善、予防を促すものは薬事法で規定されています。
では、ダイエット食品や健康食品、サプリメント等の商品は薬事法で規定されているのでしょうか。
現在では、ダイエット効果があるという食品や、健康に良いといわれている商品に対しては、特に医薬品としても医薬部外品としても規定がなく、一般的な食品と比べると多少の効果があるといった程度の感覚で取り扱われています。
ダイエット食品や健康食品に関しては、薬事法での決まりはなく、食品衛生法や栄養改善法という法律で規制されているものとなります。
医薬品や医薬部外品としての効果があるものはまだないということでしょうか。
現在では、単なるダイエット食品、単なる健康食品としての位置づけになるようです。
その理由としては、薬事法ではダイエット食品や健康食品に配合されている成分の効能や効果を認めないというわけではなく、薬事法に該当しない成分、体への効果を認められない成分としての考えから規制対象が決められます。
このようなことからもこれを飲んだら病気が治りますとは、こうした効能や効果を得る事ができるなどと表示してはいけないとう事になります。
つまりこの商品を食べたり飲んだりすると病気が治る、風邪が治るなんて書かれている健康食品や、これを食べれば生活習慣病を治す事ができると書かれていると逆に薬事法に違反することになるのです。
しかし現在では、トクホと呼ばれる商品がたくさん販売されており、正式名称を特定保健用食品といいます。
2001年頃には、保健機能食品制度というものが創立され、特定保険用食品トクホとは、また別に栄養機能食品といわれる、栄養成分に対してその効能や効果を表示することが可能となった商品の分類が認められているのです。
特定保健用食品トクホには、健康への効果を記載できるとしており、栄養機能食品については、栄養成分が果たす役割が記載出来るようになっています。
健康食品やダイエット食品を利用する場合には、あらゆる情報を理解した上で安全に活用しましょう。

ダイエット・健康食品は薬事法となるの?関連ページ

薬事法とは
薬事法とは
薬事法【医薬品・医薬部外品】とは
薬事法【医薬品・医薬部外品】とは
薬事法【化粧品・医療用具】の場合
薬事法【化粧品・医療用具】の場合