先進国でのED治療

EDという名称で定着してきた勃起不全ですが、以前はインポテントと呼ばれていた時代もあります。
実は、インポテンツというのは性的不能という意味で、EDとは異なる症状なのです。
どちらかというと、インポテンツは差別用語のような響きがあり、現在でも侮蔑のときに使われることが多いようです。
一方でEDは立派な病気ですから、区別して考えたほうがよいでしょう。

 

日本には、約950万人のEDに悩む男性がいるといわれています。
医者に診せていない人も含めたら、どのくらいになるのでしょうか。
EDの治療は自由診療で、健康保険が適用されないのです。
それもあって、病院で治療を受けていない人も多いのでしょう。
しかし、今ではEDに悩む男性を勇気付けるバイアグラがあります。
バイアグラはEDの根本治療になるわけではありませんが、勃起が改善して性交渉を楽しめる可能性があるという点では画期的です。
注射や手術などの治療が不要で、薬を飲むだけで勃起することができる体の準備ができるのです。
ストレスやプレッシャーなどの心因性によるEDなら、性交渉を行えるようになったことがED改善につながる可能性もあります。

 

バイアグラは、いまや世界中で愛用されているED治療薬です。
ジェネリック医薬品も含めて、個人輸入で格安に購入することも可能です。
個人差はありますが、多くの人が効果を実感していますから、試してみてはいかがでしょうか。

先進国でのED治療関連ページ

EDにはレビトラ
レビトラは、バイアグラの次に発売されたED治療薬です。 2003年8月にFDA認可され、日本でもすでにED治療薬として認可されています。 バイアグラとは異なる特徴を持っているため、愛用者
EDの治療とQOLの向上
EDに悩んでいると、そのことが更にストレスとなって症状を悪化させてしまう場合があります。 糖尿病やうつ病がEDを併発しやすいことからも、抑うつ気分や不安などがEDに影響を与えることがわかる
EDの治療方法
バイアグラが有名になり、その効果を愛用する人も増えた現在、簡単な問診だけですぐにバイアグラを処方してくれる医療機関もたくさん出てきました。 バイアグラはED治療薬として知られているのですが
ED治療にレビトラが人気の理由
バイアグラの登場から4年の時を経て、ED治療薬の2代目であるレビトラが登場しました。 バイアグラにない要素が詰まった薬で、非常に人気を呼んでいます。 価格はバイアグラと同等なのに効果の持
ジェネリックとレビトラについての基礎
いくらジェネリック医薬品が安いといっても、安全性に疑問を抱いている人はいるようです。 レビトラなどのED治療薬はデリケートな部分に対処する薬ですから、どんな反応になるのか怖いと思う人もいる
静岡でするED治療
静岡でED治療を行いたい人に人気があるのが、上野クリニックです。 上野クリニックでは、男性がED治療を受けやすいように工夫がされています。 例えば、スタッフが男性のみという特徴があります