アメリカではすでに市販薬として人気のある女性用バイアグラは、日本でも医師から処方してもらえます。男性用バイアグラと同じ製薬メーカーのファイザー社から出ており、商品名はダイフルカンです。女性用の媚薬のように解釈している人もいますが、実はそうではなく、女性器の潤いを助けてくれる薬です。つまり、服用しただけで興奮してくるというような薬ではないのです。ただ、女性の場合は性器に十分な潤いがもたらされると男性...

年齢が若い女性でも、性的な悩みを持った人は意外に多いものです。感じにくい、絶頂に到達できないなど、実はEDに悩んでいる男性よりも圧倒的に総数が多いともいわれています。そのため、男性との性行為に魅力を感じられなくなってしまう人もいます。結婚生活において健全な性生活が営めなくなったら、身体ばかりか心まで離れてしまいかねません。そこで活躍してくれるのが、女性用のバイアグラです。用いることによって、性生活...

男性用バイアグラの成分をご存知でしょうか?それはシルデナフィルという成分で、もともと血管拡張を促進する効果を持っています。これを利用して、女性用バイアグラでも女性器周辺の血流をよくしようとしたのがウーメラです。不感症に悩んでいる、いまいち絶頂に達せないと感じている女性に役立ってくれるでしょう。こちらは、いわゆる媚薬にもたれているイメージを実現してくれる薬で、性的な興奮や欲求が起きてきます。結果、精...

男性用バイアグラが発売された当初は、誰も女性用バイアグラが実現するなど思わなかったのではないでしょうか。そのうえ、バイアグラが老化を防ぐのに役立つという論文が発表されるなど、少なくとも一般人には想像もしなかったはずです。なぜバイアグラがアンチエイジングに役立つのかといえば、常用することにより体内の酸化ストレスが減るからです。老化とは細胞が酸化することですから、これを食い止めることができれば若返りす...

性生活で悩みを抱えている女性は、男性よりも思いを打ち明ける場所がありません。友達同士で必ずしも話せるとは限らず、結局一番詳しいのは婦人科の医師などに行き着くでしょう。しかし、婦人病の恐れがあるときですら、女性はなかなか婦人科に行く勇気を出せないものです。この点、EDの男性が泌尿器科などに行きにくいのと同様ですね。そこで個人輸入で女性用バイアグラを購入してみようかと手を出す人もいるのですが、何かトラ...

更年期になって女性器に潤いがなくなってしまうのは、女性ホルモンを分泌している卵巣が働きを弱めるためです。女性ホルモンの一種は、膣の入り口にあるバルトリン腺から分泌されています。それが閉経すると分泌されにくくなり、同時に分泌液も減少するのです。性交時の摩擦を少なくするために、バルトリン腺は欠かせません。これが少ない女性のために、ローションなどが用いられてきたように、非常に重要なものなのです。通常は、...

女性の場合、性に対する興味や欲求をあからさまに出すことがハレンチだと思う傾向があります。そのため、ある程度の年齢になったら、性生活など無縁とばかりに他に楽しみを見出そうとする人が多いのです。もちろん本当に興味がなければそれもいいのですが、あきらめてしまって性生活と縁を断とうとしているなら考え直してみたほうがいいでしょう。というのも、男性が何歳になってもセックスを楽しみたいと思うのと同様に、女性も何...

本家本元の女性用バイアグラはアメリカのファイザー社から出ているダイフルカンやウーメラですが、すでに女性用バイアグラにもジェネリック医薬品が出ています。中でも人気なのが、インドのシプラ社から出ているフォルカンです。こちらも本家の女性用バイアグラ同様、女性器の感染症治療に使われるという目的も果たしています。パッケージに、ジフルカンジェネリック、あるいはダイフルカンジェネリックと印刷されていることもある...

セックスで女性が感じにくいのは、男性に原因がある場合もあります。男性本意のセックスをしているカップルは多く、女性が望む愛撫をしてくれなかったり、射精が早すぎたり、乱暴だったりと真のコミュニケーションになっていないカップルが多いのです。ところが女性は男性にそれを感じさせないように努める傾向があり、感じたふりをしがちです。下手に男性に指摘してプレッシャーにでも感じさせたら、EDになってしまう人もいるか...

身体的に性生活が上手くいかないことは、男女ともにあります。男性の場合は主に勃起不全が、女性の場合は膣が濡れないといったことが代表的な原因です。性行為は一種のコミュニケーションですから、一度上手くいかなかったことで落ち込んでしまう人もいます。特に日本人は、何かあったときに自分のせいにしてしまいやすく、精神的な不安から性行為におよべなくなる人は年々増えています。また、性的な欲求はあるのに、身体の機能が...