バイアグラの知識

バイアグラは副作用が強く現れる方もいて、その話を聞いた人はバイアグラに対して
怖いというイメージを持っているかもしれません。
ですが、正しい知識を身につけておく事で、強い副作用を避ける事ができ、
比較的安全に使用する事ができます。

 

バイアグラはもともとアメリカで販売が開始され、その効果の高さから「夢の薬」と称され、
EDで悩んでいる人の救世主として扱われていました。

 

バイアグラは当初、狭心症の人のために研究されていたのですが、
その実験中にEDの方に効果がある事が認められ、本格的にED治療薬として研究され、
開発されました。

 

日本で処方されているバイアグラは、ほとんど全てがファイザー社製品のものなので、
ファイザー社のマークをみれば判断できる人もいるでしょう。
日本人は、性的な事に対してあまり知識がないため、
医者に診せる事に抵抗がある方が多いのですが、最近ではバイアグラの普及により、
EDの事を相談しに来院する方も増えてきています。

 

また、インターネットなどで購入できるため、外に出なくてもバイアグラを購入できます。
ですが、購入するところを間違えてしまうと、偽物のバイアグラが届く事があります。
ですから、どのようなサイトが怪しいのかよく調べて、購入するようにして下さい。

 

バイアグラの服用方法に関しても正しい知識を身につけておく事で、
安全に服用する事ができます。
例えば、心疾患のある方は服用しない、他の薬と併用しないなどです。
分からない事などがあれば専門医に聞くなど、安全に使う事ができるように工夫して下さい。

 

バイアグラの誕生

バイアグラは、ファイザー社にとって製造・販売されたのが始まりでした。
もちろん特許を取得済みですので、その製造方法はどこの会社でも真似することができません。
(但し、特許期間を終えた今は、同じ成分を使っても良いことになっています。)

 

実は、元々バイアグラは、初めからED患者さんへ向けて製造したものではありません。
狭心症患者さんの為に開発が進められている薬でした。
ですが、実験を繰り返す中で、勃起作用があることに気付き、ED治療薬として誕生したのです。

 

1998年にアメリカで販売された当時は、「画期的新薬」謳われ大変な人気ぶりでした。
それもそのはず。勃起ができないというのは、本当に深刻な悩みなのです。

 

それから間もなく、日本でもバイアグラの販売がスタートしました。

 

今では世界中で愛用者がたくさんいる定番のED治療薬です。

 

但し、日本で購入する際には、医師の処方がなければバイアグラを服用することはできないことになっています。
これは、バイアグラには、血管を広げる作用があることが背景にあります。
別の薬(ニトログリセン・硝酸塩)を服用している人がバイアグラ併用して飲んでしまうと、最悪、死に至るケースもあるのです。

 

日本で気軽に販売できないのは、こうした危険からED患者さんを守るためなのです。

 

ただ、こういった注意事項を理解した上でなら、医師の処方を受けなくても通販サイトでの購入が可のです。
これは、外国から輸入してきたバイアグラを販売しているもので、法律上も認められている入手方法です。

 

EDで悩んでいるのなら、ぜひバイアグラの服用を検討してみてください。

 

バイアグラ シアリス レビトラの比較図

現在ではED治療薬はバイアグラだけでなく、次々とそれに代わる、もしくはバイアグラ以上の効果を持つ薬も開発・販売されています。

 

ここでは、バイアグラとバイアグラ以外のED障害の治療薬にどんなものがあり、
またそれらはどのような成分や特徴などを持っているのか、比較してみましょう。

 

 

現在、三大ED治療薬とも言われるほど世界中で使用されているものが、
バイアグラ、レビドラ、シアリスの3種類です。

 

 

バイアグラはアメリカのファイザー社が開発・製造しているものであり、その主な成分はシルデナフィルと呼ばれる成分です。

 

対して、レビドラはドイツのバイエル薬品が製造しており、その主な成分はバルデナフィルと呼ばれる成分です。

 

日本新薬が製造しているのが、もう一つのシアリスであり、その主な成分はタダラフィルと呼ばれる成分です。

 

 

3つに共通するにはその作用で、どれも血管を拡張させることで勃起を促進する、ということです。

 

 

しかし、効能の度合いはそれぞれで特徴があり、中でも持続時間に関しては、シアリスは36時間と、3つの中でも群を抜いて長い持続時間を持っています。

 

ただ、ED障害の症状や体の状態によって、処方する薬剤は変わるため、自己判断に頼らず、服用開始の際は医師によく相談することを勧めます。

 

また、3種類とも入手には医師の処方が必要となることも明記しておきます。

 

 

また、中にはこの3種類を飲み比べ、より体に合っていると判断したものを選ぶという方もいます。

 

効果・効能だけでなく、副作用や飲みやすさなどもそれぞれ異なるので、比較検討するのもよいでしょう。