ジェネリックの基礎知識

最近はテレビなどでもジェネリックと言う言葉を目にする事が多くなってきました。

 

かつてはジェネリックと言う言葉すら知らなかったという方は多いですが、レビトラなどのED治療薬をはじめ、様々な薬でジェネリックを見ることが出来るようになりました。

 

 

ジェネリックの特徴は、一言で言えば、価格の安さにあります。

 

ジェネリックは基本的に、通常のお薬と全く同じだけの安全性を有しており、製造工程に手抜きがあったり、安全性の確認が疎かにされているわけではありません。

 

1998年からは、ジェネリック医薬品の安全性を確保すべく、定期的に品質の再評価も行なわれているため、レビトラなどについても販売の歴史が浅いからといって安全性に乏しいわけではありません。

 

 

ジェネリックは開発にかかるコストが安いため、正規品よりもはるかに安い価格で販売する事が出来るのがメリットになります。

 

ただし、ジェネリックはどこの医療機関でも取り扱っているというわけではありません。

 

処方を希望される方は、医師に尋ねてみましょう。

 

国の方針として使用が推奨されていますから、いたずらに遠慮をする必要はありません。

 

保険の適用が受けられない分だけ高価になりがちですから、利用を検討してみるといいでしょう。

 

 

正規品とジェネリックの違いは何かといわれれば、単純に言ってしまえば、価格と名称が違うという程度でしかありません。

 

成分、効果、副作用などあらゆる面において、正規品と同じものですから、効果が同じであるなら安いジェネリックを使う方が経済的です。

 

ペット薬の種類と効果